遺産が引き出せない事もある?

被相続人が生前にどれだけ沢山の預貯金をしていても、場合によっては遺産そのものが銀行口座などから引き出しできなくなってしまうこともあります。 これはどのような場合かというと、相続人全ての合意がなければ聞き出すことはできません。

被相続人が亡くなったことを金融機関側が把握した時点で被相続人の口座が凍結されてしまいますので、そこで預貯金を引き出すためには相続人すべてが遺産の引き出しについての合意をしなければなりません。 ここで必要な書類になるのは相続人全ての署名と実印を押してある払い戻し請求書、被相続人の戸籍謄本、相続人全ての戸籍謄本、印鑑証明書、被相続人の預金通帳となっています。

被相続人の戸籍謄本を準備する際には本籍の管轄である役場での発行をしなければならないので、万が一先方から引っ越して生活をしていたなどの場合には、ここで非常に大変な思いをしなくてはなりません。 例え100円であっても1000円であっても上記内容がすべて揃っていなければ、被相続人の預貯金を引き出すことができなくなってしまいます。 被相続人の葬儀費用としてお金を引き出したいなどという場合にも、このような手続きそして書類が必要となりますので事前に相続人で話し合っておく必要があるでしょう。

被相続人のキャッシュカードが手元にあり暗証番号が分かっているからといって、何の問題もなく引き出しをすることができると思っていると大変な思いをします。 しかし反対に考えれば相続人の誰かが勝手に被相続人の預貯金を引き出し、どこかに隠してしまうなどということはありませんので、金融機関側の正当な判断だといえるでしょう。